世界中でゆきみダイエット🌍✈️

27歳食品メーカーの営業。フランス政府公認の観光ガイドの資格を取得したい。あと痩せて峰不二子になりたい。と思いながらフランス留学までの道のりや、過去に留学したフランス(ワーホリ)、スイス(交換留学)、ダイエットについて書いています。

フランスのワーホリVISAを拒否された話

f:id:moe0424ch:20181216222736j:image

皆さん、こんばんは。

今日は私が2015年7月4日からワーホリvisaを取得してフランスに旅立った話をしようかと思いましたが、ワーホリで飛び立つ前の準備から書こうかと思います。

 

準備については、またそのうち書きたいと思います(そのうちが多くてごめんなさい)

今日はワーホリvisa取得するまでの中で1番衝撃的だった事件について話をさせてください。

 

私は7月4日の航空券を先に買って、visaの準備を始めました。

フランスのワーホリは先に航空券がないと発行されなかったから、安いうちにチケットは買っておきました。

そして、保険に入ったり病院に行ったり、銀行で残高証明をもらったりとvisaの準備をして大使館の予約を取ろうとして・・・

第1の衝撃!!!!

予約が2週間先までできない・・・

午前中のみしかやっていないこともあり予約が全然取れません。

※事前だと書類が間に合わなかった人や急用ができてしまった人がいたりで意外と急に空きができたりします。こまめにチェックすると予定より早い日に予約が取れたりしますよ!

 

まあまだ余裕でしょ!と思い2週間後で予約。

 

他の人の口コミを読み、フランス大使館の人はめちゃくちゃ感じが悪いというのですごくドキドキしながら向かいました。

でも、大丈夫!恋人を作るとか仕事をしたいとか書いてない!

全力で遊ぶ的なこと書いたからvisaは取得できると思っていました。

帰りに大使館近くにあるカフェでコーヒーを買った時、働いているお姉さんが私もフランスでワーホリしたかったけど、1回申請した時に却下されたから行けなかったんですよ〜って言われたときですら、え?なんでフランスのワーホリは書類不備がなければ絶対通るでしょくらいに考えていました。

 

1週間後結果が出たとの連絡が!

この連絡ではvisaを取得できたかどうかはまだ分かりません。

しかし私は受付のお姉さんも感じがよかったし、書類の不備もなかったし大丈夫!

自信満々です!

受け取りの際は、大使館内には入らず窓口の方からもらいます。

第2の衝撃!!!

受け取りパスポートを受け取り、visaがありません。

代わりにスタンプが押されているのみ・・・

なんで?なんでや!!!!

パニクった私はお母さんに泣きながら電話。

こういう時の母は本当に強い。

「泣いてもしょうがない。もう1回申請してみなさい。」

でも、この時すでに2015年6月8日・・・

予約が取れるのが2週間後で結果を待って1週間・・・

終わった間に合わない。もう無理。

私は行けないんだフランスと絶望を抱えながら帰宅。

 

家でフランス大使館の予約画面を何度も開きます。

なんと😵!!!!明後日の朝1番の時間が空いた!!!!

即効で予約をして早速フランスでの年間計画を書き直し、本当はお父さんに頼らず自分一人だけの力でなんとかしたかったのですが、背に腹は変えられないと文章も一緒に考えてもらいました。

 

いざ出陣!!!!

今度はお父さんにも確認してもらったから大丈夫!

大丈夫だよね?と不安を捨てられずに大使館のスーパーハイテクな扉を潜りました。

受付をしてくれたのはあの時のお姉さん。

お姉さん👩‍💻:あら?この間いらしてましたよね。visa取得できなかったんですか?

私👩🏻:はい・・・前回の私は遊びより勉強を優先する感じで書いてしまっていたので落ちてしまったんだと思います。

 

はい、来ますよーー!

第3にして最大の衝撃が!!!!

 

👩‍💻:いや、関係ないと思いますよ。多分書かれている語学学校がダメなんだと思います。

 

・・・え!?語学学校がダメ??

そんなことあるの?私が選んだ語学学校のせいで私は前回VISA取得できなかったの?

どうしよう・・・今回も同じ所書いているよ・・・もうダメだ・・・

私はまたもや絶望でした。

 

👩🏻:今日中に出さないと、次また予約が取れるかわからないですし、7月4日の早朝に出発なので間に合わなくなります。なんとかなりませんか??(涙目いやもう泣いてた)

 

👩‍💻:12時までに直せるなら待っているよ!

 

はい、神様😇!フランス大使館の人本当に優しいよ!たまに私貴方の親でも殺しましたか?ってくらい失礼な態度を取る方もいるみたいだけど、私にとってフランス大使館は人情に溢れる素晴らしい場所になりました🇫🇷❤️

 

しかし私、PC持ってきてません。書類の内容は全てPCのなかに入っています。

とりえず近くのセブンに駆け込みました。

幸いなことに私は語学学校を最初の3ヶ月とワーホリ最後の3ヶ月で通う学校を変えていました。

3枚書類をコピーし、ハサミとのりを買いました。

✂️工作タイムです✂️。

後半3ヶ月通う予定の学校の名前をハサミで切り取り、最初に通う所の上に載せ貼り付けて、再度コピー。

そして、書いてはいけない語学学校の名前を消し去り再び受付へ。(書いてはいけない語学学校ってなんだよ😡)

12時2分前!ギリギリセーフ!

そして書類はお姉さんの笑顔とともに無事受理され、1週間後無事にVISAが私の元へ😄!

たくさん助けてくれたお姉さんにお礼が言いたかったけど、中にはもちろん入れてもらえなかったので守衛さんにお礼を伝えてくれるようにお願いして大使館を後にしました。

 

VISAを取得することがこんなに難しいとは思いませんでした。

3ヶ月前から行動しておけよって大使館のHPに書いてあったのは予期せぬ事態に対応できる時間を持っておくためだったのですね。

次からは早めに行動しようと決意した日です(今も常にギリギリで生きていますが・・・)

 

実際に書いてはいけない語学学校に通ってみて、学校の先生や受付の方から話を聞いた所、苦情が多くフランス大使館からペナルティを食らっているとのこと。

先生もどんどん辞めていく学校でした・・・

価格が安く、アジア人向けの勉強方法を採用している学校だったので学び易かったのですが・・・

今でもその学校は存在しています。

この学校じゃなくても、生徒に金だけ払わせて突然無くなってしまう学校もありました。

学生VISAでフランスに渡仏している人には、翌年更新時に問題になるので大変なことですよね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます😊

次回はダイエットネタになるか、ワーホリネタになるか、、、何書こうかしら✏️

少しでも皆さんに興味を持って頂けると嬉しいです😆?