世界中でゆきみダイエット🌍✈️

28歳元食品メーカーの営業。フランス政府公認の観光ガイドの資格を取得したい。あと痩せて峰不二子になりたい。と思いながらフランス留学までの道のりや、過去に留学したフランス(ワーホリ)、スイス(交換留学)、ダイエットについて書いています。

フランス ワーホリ最初に起こったショックだった出来事

f:id:moe0424ch:20181228223319j:image

皆さんこんばんは、ゆきみです🙋‍♀️

今日はフランス最初のワーホリ中に起ったショックだった出来事を書きたいと思います。(テロの時の事は除きます)

 

もう全然お役立ち情報とかじゃなくて、ただのグチです。

後は女性は気を付けて!っていう助言です。

普段もお役立ち情報とか描いてないですけど・・・笑

気が向いたら読んでくださると嬉しいです。

 

これから起った事件は私がフランスに入国して1ヶ月以内に全て起った出来事です。

 

私はワーホリビザをなんとかゲットして、7月4日にパリに入国しました。

家も何も決まっていません。

なんとかなるだろうと思い、まずはパリで多分1番やすいと思われる

ドリームハウス」に宿泊しました。

1泊20ユーロ!30泊以上すると19ユーロ!!と泊まる期間が長くなるとどんどん割引が適用されます。

なので中には長老と呼ばれる半年以上住んでいる人もいました笑

皆さん結構間違えているのでこれだけは言わせてください!!!

ドリームハウスはパリにありません。

パリ郊外にあります!!!!

でもパリ市内もとっても近いです🙆‍♀️

しかもメトロが通っているのでサンラザールまで一本で行けます。

近くにスーパーが2件あります。

そのうち1件はカルフールなのでここでお土産も買えます!

大きいからずーっといられます。

私がパリに行った年は記録的猛暑・・・

ドリームハウスにエアコンはないのでカルフールに涼みに行ってました。笑

 

ドリームハウス – パリにある日本人宿、ドリームハウスです。皆様のお越しをお待ちしております。

 

ドリームハウスのメリットとデメリット書きます。

メリット

  • 安い!この安さパリにもう1件あるんですけど、そちらより環境良いです。
  • 掃除を毎日してくれる!(日曜のぞく)
  • 朝ごはんがある!
  • 旅びとだけでなくワーホリの人など様々な人が泊まっている
  • 日本人宿!(これものすっごいメリットだと思います)

デメリット

  • 下が中華料理屋だからか ミッキーマウスが出ます・・・1ヶ月いると慣れる
  • 長期の集団行動きつい(私の場合)

メリットの方が圧倒的に多いです!ツアーとかもやっています。

興味がある方は是非泊まって見てください^^

↑のURLから飛べます。

 

さあ、本題の事件について話します😂

3つの事件について書きます・・・

第1の事件⇨突然おっぱいを触られる!

これはパリに来て2週間くらいの出来事でした。

パリはスリが多いということでずっと警戒をしていました。

そんなある日、語学学校を終えガブリエルペリ駅(ドリームハウスの最寄駅)からドリームハウスに帰っている道すがら一人のおじいさんに声をかけられました。

普段は無視するのですが、そのおじいさんは身なりがしっかりとしており、

まともな人だと思いました。

しかも英語で話しかけられたので思わず反応しました・・・・

👴{すいません

🙋‍♀️{はい?(英語だったので返してしまった)

👴{助けてほしいことがあるんだけど?

🙋‍♀️{なんですか?(道に迷ったのかな🤔?

👴{この1週間バゲットしか食べていない。お金がないから何も買えない。

  お金をくれませんか?

🙋‍♀️{(まさかのお金要求!お財布出したら財布ごとやられる‼︎)

  ・・・ごめんなさい。今お金持っていないんです。

👴{it's OK(胸を触る) ここに引っ越して来たばかりで大変なんだ(揉まれる)

🙋‍♀️{Σ(・□・;)(びっくりしすぎて声出ず)そうなんですか。私もなんです(なぜか返答していた)

👴{お互い頑張っていこう!(立ち去る)

🙋‍♀️{ありがとうございます。

・・・そしてドリームハウスにまた歩きはじまたんですが、ずーっとモヤモヤしました。そしてドリームハウスに到着する間近で気づきました。

私今痴漢された!!!!

しかも感謝して別れたよ!!なんでだよ!!

って。あまりにもナチュラルに触られすぎて、さらに私は何故かフランスは紳士の国だから痴漢は存在しないと思っていました。

痴漢います。めっちゃいます。なんだったらメトロとか日本より痴漢されます。

 

第2の事件⇨メトロで痴漢をされる

また痴漢事件です。

こっちの方が圧倒的に不快です。

しかもこれ、おっぱい事件の次の日にされました😭

友人とモンマルトルに行こうとした電車の中での話です。

まだメトロに乗り慣れておらず、さらにインターネットがない状態だったので、

駅にあるメトロの路線図を頼りにこの辺かな?という勘でメトロに乗ってしまいました。

あの頃の私はパリを危険だと思っておらず、どの地域が危ないかなど全く知りませんでした。

今はあの時の私をぶん殴りたい👊

一人で行っているんだから自分の身を守れるのは私だけ。

自ら危険に行かないように、調べられる範囲で行く国のことを調べておけと。

特にパリは地区によって危険がいっぱいなので、調べればすぐ出て来ます。

北駅とか危険で有名ですよね。

2番線のシャトールージュでその時は下車したんですけど、

電車に乗ってても途中で空気変わるの分かりました。

あれ?これやっちゃったかなって。

しかも、不安な状態で電車に乗っていたら痴漢にあいました。

程よく空いている地下鉄の中、何故かそのおじさんは私の背中にピッタリ張り付いてきました。

嫌だったので移動してもピッタリと付いてきます。

下車してびっくり!私のスカートにぶっかけられてました。

あえて何がかけられていたとは言いません😢

 

第3の事件⇨シャトールージュで奇声をあげる人に追いかけられ、鳩にもぶつかられる

シャトールージュはこの1回しか行っていません。

多分またパリに行っても私はここに絶対絶対に行きません。

友人と恐怖の中歩きましたモンマルトルに向かって・・・

周りの人は私たちガン見です。

私たち以外アジア人も居らず、白人すらいませんでした。

おや、国変わったかな🤔?ぐらい雰囲気が違いました。

まだ恐怖の中でも余裕が多少ありました。

友人と一緒だったから大丈夫だと思ったんです。

そうしたら急に奇声をあげた方が近づいてきます。

恐怖です。無視して歩きます。

急に私たちの前に飛び出してき、避けても避けても追いかけてきました。

もはやパニックです。

もうなんでも良い地下鉄の駅を見つけたので駅の中に入ろうとしたら

鳩が顔面にぶつかってきました。

私の中で鳩は空飛ぶネズミという認識だったので大パニック。

もう叫ぶ叫ぶ。それを見てドンびく友達・・・

無事にドリームハウスに帰れてよかった。

 

もう本当にパリが大っ嫌いになり、帰国したくなりました。

スイスに1年留学してホストファミリーにいじめられ、部屋を温室にされた時ですら

ここまで帰りたくはならなかったと思います。

 

何故ここまで帰りたくなったのか🤔?

パリに対して良いイメージしか持って居らず、大して調べていなかったからだと思います。

スイスに留学した際は、私の前に行かれた先輩に話を聞いていたり、調べていたので大丈夫でした(先輩は半年友達ができなかった話や、スイス人がとても冷たいとう話をしていたのでマイナスからのスタートでした。実際はスイスの人たち優しかったです。

先輩は都会、私は田舎に住んでいたからかもしれません)

 

最終的に帰ろうと思って帰国チケットを探しつつ、家探しも一緒に行っており、とても親切なマダムとルームシェアできることになったので、あと1ヶ月残ってみようという思いで居続けました。

あの時マダムとの出会い、16区に住んで居なかったら最後までパリに居続けることはできなかったかもしれません。

今はパリに住めてよかったと思って居ます。

パリに対して過度な期待ももうしていないけど、それでも散歩をしていて楽しい場所だと思います。

すぐにブチ切れる女性たち、車のクラクション、乞食、犬のフンなどなど嫌いなところはいっぱいあります。

それでも私はフランスがパリが大好きです。

 

今回私がこのブログで言いたい事は、必ず行く国の情報を調べて欲しいという事です。

何の情報を持たずに行く事は楽しいかもしれません。

でも、ワーホリや留学は事前にどのくらいその国について調べたかで大きく差が出ます。

最低賃金でフランス語も話すことができず帰国するか、

パリ市内も十分に観光できて、フランス語も話せるようになり、安全に1年を過ごせるかは私たち次第なんです。

パリ内で楽しいイベントもいっぱいあります。

やり方さえ分かっていればパリコレのショーに招待してもらうことも可能です😁

 

楽しいワーホリライフをパリで送るためには情報です!!笑

あとは飛び込んでしまうこと!!

 

私はお金をとにかく節約したかったので全て自分で手配しました。

今後手配の仕方なども書いて行きたいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

読んでくださった皆さんの人生がワクワクで溢れますよーに!!

 


www.instagram.com

twitter.com