世界中でゆきみダイエット🌍✈️

28歳元食品メーカーの営業。フランス政府公認の観光ガイドの資格を取得したい。あと痩せて峰不二子になりたい。と思いながらフランス留学までの道のりや、過去に留学したフランス(ワーホリ)、スイス(交換留学)、ダイエットについて書いています。

【ダイエット】糖質制限とは

f:id:moe0424ch:20191010084713j:image

ダイエット方法で最近よく耳にするのは糖質制限ではないでしょうか?

「ご飯を食べない代わりに、お肉を食べられる!我慢のないダイエット」というのが私の糖質制限ダイエットのイメージでした。

しかし、私がやっていたのはケトジェニックでした。(ケトジェニックについては次回書きます。)

今日は糖質制限について書きたいと思います。

 

 糖質制限とは?

主食の白米やパンを無しにするなど、1日あたりの糖質量を抑えます。

タンパク質、脂質はしっかりと摂取します。

脂質は植物系・魚系のものを中心に取ります。

どの食事制限でもタンパク質の摂取は必須!!

タンパク質を制するものがダイエットを制すると言っても過言ではありません。

 

糖質制限が向かない人

全ての人に糖質制限が向いている訳ではありません。

  1. 肝臓や腎臓に疾患のある方
  2. 脂質代謝異常症の方
  3. どうしても炭水化物がコントロールできない方
  4. 普段からあまり主食を食べない人

脂質代謝異常症は

脂質代謝異常(高脂血症)は体内で脂質の流れがうまく調節できなくなったり、食事として体内に入ってくる量が多くなりすぎたりして、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が多くなりすぎている状態、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない状態が続く病気です。

脂質代謝異常(高脂血症)ってどんな病気? | 公立学校共済組合 中国中央病院

ダイエット方法は本当にたくさんあります。

私も100以上のダイエット方法を試して、ようやく相性の良い続けられる方法を見つけました。

ストレスはダイエットの大敵です。炭水化物が本当に大好きで我慢することが、減量し見た目が変わっていくよりストレスであれば他のダイエット方法を試すか、ブロッコリーライスなど大好きな炭水化物の代わりを見つけてみてください。

ストレスが溜まりすぎると減量しにくい身体になります。

また、ダイエットは一生付き合っていくものなのでずっと続けられる方法を見つけてみてください。

短期で頑張れる方はぜひ!

ストレスがダイエットの大敵である理由を以前書いているのでよかったら読んでみてください。

www.yukimidiet.com

 

糖質制限のメリット

大きく分けて3つあります。

1.血糖値の急上昇・急降下が抑えられる

なぜ血糖値の急上昇と急降下を抑えられることが良いのか、

食べると食べたものが「糖」になって血液中を流れます。
朝一番にチョコを食べて血糖値を上げなさいって学生時代母親に言われていました。
私達の身体を動かすために必要なエネルギーですが、しかし急激に血糖値を上げるとインスリン(血糖値を下げようとするホルモン)が大量に分泌されます。

チョコを朝一番に食べるなんて血糖値爆上がりなので、ダメ絶対🙅‍♀️
インスリンのお仕事は脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制することなので、過剰分泌が起こると肥満の原因になっていしまいます。
インスリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇を緩やかにする食生活を送る必要があります。

糖質制限をすることにより、血糖値の上昇を抑えられるので無駄なインスリン分泌を抑えることができ、脂肪がつきにくく、身体の脂肪が優先的に使われるようになります。

 

2.脂肪が優先的に使われる

まずエネルギーとして使われるのが”糖”で、余った糖が脂肪になります。

そしてエネルギーとして使える糖が無くなると、身体は脂肪をエネルギーとして使うようになります。

糖質制限を行うことによって、糖が制限されるので脂肪をエネルギーとして使います。

その結果体脂肪や内臓脂肪の減少が早くなります。

 

3.複雑なカロリー計算が不要

もちろん摂取カロリー<消費カロリーの原則は守らなくてはなりません。

しかし、私は糖質制限?ケトジェニック中は一切カロリー計算をしていませんでした。

しなくても痩せました!

理由として考えられるのは、肉など制限なしで食べられるので満腹感を得やすいからだと思います。

むしろ取らなきゃいけないタンパク質量が多く、食べるのが大変でした・・・

 

糖質制限のデメリット

我慢が少なく、しかも体重の減少が早い糖質制限はメリットが多いように思えますがデメリットもあります。

  1. 一時的に無気力・倦怠感・眠気・いらいらが現れる場合があります
  2. 食物繊維の摂取量が減るため、便通が悪くなる場合があります。

糖質制限を始めるときは、徐々に糖質量を抑えるか、長期休みの時にスタートすると良いです。

私の場合は、上記の症状以外に眩暈がありました。またホールケーキを1人で食べちゃうくらい甘いものが大好きなので、甘いものを食べられないストレスは半端なかったです。ちょっとしたことでイラついていました。

糖質制限を始めて3日後くらいにこの症状が出て、徐々に改善され2週間後には以前より体調が良くなっていました。

また便通も悪くなったので水分量を増やしたり、こんにゃくなどを食べていました。

水分量を増やさないと、痔になるかもしれません・・・(私はなりました😂笑)

まとめ

糖質制限は簡単に始めることができます。

また調味料や飲料も糖質が多いものもあるので、糖質制限しているのに全然体重が減らない!という方は1日の食事を見直してみると良いかもしれません。

和食は意外と糖質高いです。

また普段コンビニで食事をよく買っている方は、裏面の一括表示を確認してみてください。

ローソンはロカボ(低糖質)の商品が幅広く展開されているのでオススメです!

普段甘いものを食べている方、白米大好きな方にオススメのダイエット方法です。

最初の2週間乗り切れてしまえばこっちのものです!

空腹は感じないダイエット方法なので、1度ぜひ試してみてください。

低糖質のレシピで検索すると沢山出てくるので、飽きることはありません。

 

twitter.com
www.instagram.com