世界中でゆきみダイエット🌍✈️

27歳食品メーカーの営業。フランス政府公認の観光ガイドの資格を取得したい。あと痩せて峰不二子になりたい。と思いながらフランス留学までの道のりや、過去に留学したフランス(ワーホリ)、スイス(交換留学)、ダイエットについて書いています。

スイスに留学した話part1


2008年から1年間私はロータリークラブの青少年交換プログラムを使ってスイスに留学に行きました🇨🇭

今回は下記の内容について説明したいと思います。

  1. ロータリークラブとは?
  2. 青少年交換プログラムとは?
  3. プログラムに参加する条件は?
  4. 派遣候補生になったら?
  5. 費用

皆さんはロータリークラブをご存知ですか??

国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域に33,000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上である。

職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的とする。基本的には「I serve: 私は奉仕する」、クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされているが、個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行われている。ロータリークラブ活動の特色として、各クラブごとに、独自の事務局を持ち自主独立運営が行われ、奉仕活動、寄付行為、会員の交流、友好事業等がなされている。(wikipediaより)

ロータリークラブライオンズクラブが同じくらい奉仕団体で有名だと思います🤔
ロータリークラブは若い人に投資してより良い世界を作っていこうっていう団体だと理解していただければ、ここでは完璧です🙆‍♀️
polio撲滅などの活動で有名かもしれません。
ポリオ撲滅まであとちょっとです😄!

ロータリークラブの会員さんをロータリアンと呼びます。
そして、このロータリアンたちがすごい!
どっかの会社の社長や、重役などバリバリ現役で働いている方もいれば、仕事が暇になって奉仕活動に精を出している方、さらにはプロフェッショナルな仕事をされている方など多種多様です!
お話しするだけでもめちゃくちゃ面白いです!


大人として尊敬できる方がいっぱいです。
私はこの方々と高校生の時からお付き合いさせて頂いている影響で、大人はカッコ良いものだと思っていました。
でも、社会人になって尊敬できる方がほんの一部だと知ってしまいました。
行動できる大人がやっぱりカッコ良いですよね。

2.青少年交換プログラムとは?
日本の小さな親善大使として、1年間現地の高校に通います。
外国語を学べることはもちろんのこと、
異文化を学ぶことができます。
ホストファミリー(ボランティア)の方々のお家にお世話になります。
場合によりけりですが、大体3つの家族にホストファミリーになって頂けます。
なぜ一つだけじゃないかというと、初めて外国で生活をします。
1つのご家庭を経験するだけだと、その家庭=その国の文化、習慣 になってしまいますが、
いくつかのホストファミリーを経験することによって、その家族毎の考え方を学べます。

例えば、フランス(パリ)に行ったことのない人に必ず言われるのはフランス人は母国語に誇りを持っているから英語で話しかけても無視されるんでしょう?
実際行かれたことがある方は分かるかと思いますが、英語で普通に話しかけても返してくれます😄

このように色眼鏡?自分の固定概念から抜け出す為にも色々なホストファミリーを体験するのは大切だと思います。

現地の高校に通うのも上記と同じで大切な意味があります。

語学学校ではなく、現地の学校に通うので現地の友達がたくさんできます。

3.参加条件があります。
15〜19歳の学生が対象です👩‍🎓👨‍🎓
そして、参加したい方はまず最寄りのロータリークラブへ連絡を。
最寄りの駅名 ロータリークラブ
で検索したら、出てきます。
ただ地域によってこのプログラムに力を入れている差が違うので、一度断られても諦めないでください!
そして、ホストをしてくださるロータリークラブが見つかったらテストです。
英語や一般常識、親子面接などもあります。
留学は親御さんの応援がないと難しいこともあるからかと思います。

4.派遣候補生になったら?
上の参加条件を満たし、晴れて派遣候補生になったら1年間準備の期間があります。
なぜ派遣候補生と呼ぶかというと、留学するまでは候補生であり問題を起こしたら取り消されるからです。
この1年間で日本についてや、スピーチの仕方などを勉強し、また交換留学で日本に来ているインバウンドたちと交流し、彼らから様々なことを学びます。
必要書類もたくさんあります。
これを準備するのがとても大変!
でも安心してください😄
このプログラムを終えた学生(ROTEX)が派遣候補生の留学準備のお手伝いをします。
しかし、メインで行動するのは留学予定の派遣構成です。

5.費用
これは高校留学の中でダントツ安いです!!
・往復航空券
・旅行保険
・旅券とビザにかかる費用)
・小遣い/追加の旅行やツアーに参加する場合の費用
毎月5000円くらい(国によって異なります)ロータリークラブからお小遣いをもらえますが、5000円じゃ足りないです😭
トータルで私は50万くらいかかりました。
8月の高い時期に航空券を買ったのと、保険もよく知らなかったので、、、高いのを

私はGAというスイス全土で使える電車とバスの定期(たまに船も乗れる)を買っていただきました!
1年間で20万くらい!
本当にこれのおかげでスイス全土を旅行することができました!
GAなかったら電車代高すぎてどこも行けなかったことでしょう。

次は私がスイスでどんな生活を送っていたのかを書きます!
その前に筋トレブログかも笑


いつも読んで下さってありがとうございます!